meiko再生日記。

双極性障害Ⅱ型。社会復帰ハジメマシタ▶︎再生

MENU

陽だまりのような時間

 

meikoです。

 

なんかね、

ダークなことばかり最近書いてるので

その裏側にあるわたしの幸せな時間ついて、

ちょこっと書いてみる。

 

のろけかな、ゆるしてね。

 

新しい彼と付き合ってあと少しで2ヶ月。

 

年齢は少し年上だけど、

ベタな恋愛っぽいことを積極的にしてくれて、

わたしをたくさん喜ばせてくれます。

 

例えば

記念日を大切にしたいねという話から、

カップルアプリを提案され、

そこに2人の写真アルバムを作ったり。

 

こういう高校生バカップルみたいなこと

やったことないからやってみようって、

いい歳してバカップルしてみています。

 

そのおかげで、

デート中もツーショットや

お互いの写真を撮り合い、

アルバムにまとめて見返すことができ、

 

そこには笑顔のわたしがたくさんいます。

 

それから、

付き合って何日だねと日々気にかけてくれ、

お互いの誕生日やイベントごとなどの

カウントダウン日数を見て

 

次はどこ行こうか、なにしようかと

ふたりの節目をとても大切にしてくれます。

 

1ヶ月記念日は夢の国(SEA)に行きました。

 

実はわたし、

SEAに行ったことがなくて。

 

いつか大好きな人とデートで行くんだ!

と、

開園当初から心に決めてて、

その間付き合った人はいたけれど、

テーマパーク好きの人がいなくて

ずっと行ったことなかったんですよね。

 

ある日

記念日に夢の国行かない?と言われ、

あ、この人と行くために取っておいたんだなって

恋愛脳のわたしは思ってしまいましたw

 

それぐらい嬉しい思い出でした。

 

日々においては、

職場が一緒で

わたしが担当している仕事を上でまとめているのが彼なので、

協力したり、たまに助けてもらいながら、

しっかり働いています。

 

仕事のモチベーションアップにも繋がり、

お互い以前よりやる気を持って日々過ごしています。

 

ただ、ひとつ困ったのが

幸 せ 太 り !

 

ふたりとも◯キロほど太ってしまったので、

ふたりでダイエットをはじめました…

 

でもわたしは鬱がひどくなり

限界になればなるほど痩せていくタイプ。

 

今は、

BMIで見れば痩せからやや痩せになったので

ある意味健康的なのかもと思っています。

 

とはいえ、いきなりの体重増加で

身体が重たいのはちょっと嫌なので

少し元の体重に戻す努力をしています。

 

彼のわたしの病気に対する考え方は、

 

診断で障害者の認定を受けていることは、

病気か病気じゃないか自覚してるかどうか。

 

病気だと自覚してなくて、

1人で苦しんでる人もいる。

 

meikoは自覚して、

治りたいと思って薬を飲んで、

普通に暮らしたいと思って

今頑張って仕事をしてる。

 

meikoは今、誰にも迷惑をかけてないし、

俺も迷惑だと思ってないし、

頑張ってることも伝わってる。

 

状況が変わって、

心が落ち着いてくれば

診断が軽くなって、薬も減る時がきっと来る。

 

だから自分を責めるのをやめなさい。

 

 

そう言われました。

わたしが自責感が強いことを話してないのに

見抜いていることに驚きました。

 

変わろう、変わろうと思っていたのですが

そのままでいいとも言われました。

 

状況が変われば勝手に人は変わっていくから、

変わろう、変わろうと

自分を追い込まなくていいよ、と。

 

家庭のことと、自分のメンタルのことで、

抱えていたものが重たすぎて

息が詰まりそうで限界だった。

 

勝手に片想いしてた相手が、

まさかわたしのことを好きでいてくれて。

 

彼氏がいるからダメだなと好意に蓋をして、

恋愛感情抜きでも

仕事面で気にかけていてくれた彼。

 

付き合ってからいろいろ話すと、

そんな事もみてたの?!と驚くばかり。

 

まだまだのろけはたくさんありますし、

細かい馴れ初めも語りたいところですが、

今はまだやめておきますw

 

そんな感じで、

とにかく優しくて頼れる彼です。

 

 

彼のことだけを書けば

ただの幸せな日々なのですが、

現状わたしの問題が片付いてないので

泥沼なんですよね。

 

でも泥沼に差し込んだ太陽の光だと

わたしは思っていて。

 

人生を諦めることをやめる勇気。

 

自分が幸せになるための転機。

 

彼といつか別れることになっても、

出会ってくれてありがとうと言える。

 

わたしを変えてくれてありがとう。

 

目覚めさせてくれてありがとう。

 

わたし今を変えるために、頑張れるよ。