meiko再生日記。

双極性障害Ⅱ型。社会復帰ハジメマシタ▶︎再生

MENU

口論

meikoです。

 

先日、我慢の限界が来て「ひとりになりたい」と連絡し、彼を家から締め出しました。

 

その結果、

ひどい内容のライン、鬼電

 

オートロックのピンポン連打も続き

何時間も追い込まれて、

ますます恐怖感を感じ、この人とやっていけないと再認識。

 

別れ話をここ最近何度もしているし、

そういう時一旦クールダウンするために、

自分はどこかに泊まって、そっとしておこうという考えは浮かばないそうです。

 

じゃあわたしが出ていけば

早いのかもしれませんが、

ここはわたしの家。

 

生活費もわたしが払っているし、

名義もわたしのもの。

 

わたしの家なのに、

なぜわたしが出て行かなくちゃいけないのか?

と思うと、

やっぱり意地でも自分の家を守りたい。

 

そう思って、家の中でじっと耐えていました。

 

すると、隣の建物を伝ってよじ登ったのか、

ベランダの窓をドンドンと叩かれました。

 

とても恐怖を感じて無視し続けていましたが、

鳴り止まない電話とライン通知に終わりが見えないため、

返事を返してしまいました。

 

「わかった、じゃあ今日はカプセルホテルでも泊まるから、身支度だけさせて。話したりしなくていいから」

 

と言われて、安心したわたしがバカでした。

 

自宅の鍵を開けて、

恐怖からトイレに鍵をかけて隠れていました。

 

すると、彼が家に帰ってくるなりわたしを探し始め、

トイレの扉を何度か殴りました。

 

すごい音。

 

恐怖のメーターが振り切って、怒りの感情が出てしまいました。

 

だって、ここはわたしの家。

わたしの大事な家を殴るなんて許せない。

物に当たるなんて許せない。

人の家をなんだと思ってるのか。

 

ドアノブを壊されそうになったので、

渋々扉を開けました。

 

殴られそうになりました。

向こうが寸前で手を止めたけど、もう少しで殴られるところでした。

 

わたしも、

ふざけんな!何考えてんの!話が違う!

などと怒鳴った記憶があります。

 

向こうも、

てめぇ、ほんとふざけんなよ

と、すごんできた事も覚えています。

 

 

そこから、

わたしのことを頭おかしい女と罵り、

病気の事を会社にバラしてやる、

お前普通の人じゃないから働けないだろ、

仕事やめろよと言いだしたり。

 

(会社に手帳を提出してることを話していなかった)

 

わたしの病気の話ばかりしてくるので、

 

「そうね、わたし病気だからおかしいのかもね。

でも、わたしの周りの健常者の人に相談してもあなたがおかしいってみんな言うよ。

わたしもおかしいって思うもん。

 

コロコロ豹変したり、

言ってることが支離滅裂、

異常な束縛、

都合のいい解釈ばかりで、自分優先。

 

あなただって充分異常だよ。」

 

「病気に負けないとか、

言い訳にしないって言っておいて、

結局自分は病気って認めるんだな」

 

「仕方ないじゃん、事実なんだから」

 

 

会話が進まない。

 

あの時はこうだった、

どうせ記憶ないんだろ?

すぐ出て行くのは無理

 

グダグダと3時間ほど話した後、

わたしに限界が来ました。

 

消えたいモードです。

 

この状況を終わらせるには

自分がこの世からいなくならないといけない

 

そういう思考になってしまい、

 

今自分が辛く苦しいのも、

彼がこんなおかしくなっちゃったのも、

 

全部自分が甘やかしたせい

見る目がなかったせい

突き放せない弱さのせい

 

全部自分のせい、自分が悪い

存在してるからいけない

 

そう考えていると涙が溢れ

体の震えが止まらなくなり

早口で頭に浮かんだこと全てをボソボソと呟き続けてしまう症状が出たようです。

 

というのも、この辺りから

具合が悪く記憶があやふやで。

 

この状態になった瞬間、

彼は仲の良かった時のような

優しい彼に戻り

 

わたしに薬を飲ませ、

落ち着くように言葉をかけ

寝かせようとしてくれました

 

だけど、

わたしは

別人格なのか?

誰かに操られてるのか?

 

と、思い、不信感が大きくなり

 

何が本当なのか、どこまで現実なのか

彼のことすらも本物か偽物かわからなくなり、

 

きえたい、きえたいと呟き、眠ったようです。

 

もうふたりの将来は消えて、

これからは、いつうちを出て行くかなどを明確に決めていきます。

 

そして貸したお金はどうするのか。

 

向こうは返済したいと言っていますが、

 

わたしとしては返済優先されて、

家を借りる費用が貯まらず家に居座られるより、

引越し資金優先で予算配分してもらった方が

早く出て行くことができると思い、

 

返さなくてもいい、と言いました。

 

これはまだどうするか決まっていないから、

話し合い次第かなという感じです。